ワイン資格まとめサイト

新世界のテーブルワインと基礎知識


ワインの新世界とは

「新世界」とはワインの歴史が比較的浅かったり、世界に最近認知されるようになったワインの産地のことです。

 

比較的安価にワインを提供

新世界ワインは新しい技術を取り入れ、大きな農園でぶどうを大量に栽培し大量にワインを生産することで、比較的安価にワインを提供できます。

 

日常消費用のワインはテーブルワイン

新世界のワインは価格が安くて、飲みやすいものが多いのでテーブルワインに最適です。

 



ワインといえばどんな国を思い浮かべますか?有名なのはフランスやイタリアでしょう。昔から日常的にワインが飲まれているようなイメージがあります。しかし、そうしたヨーロッパの国々だけでなく、世界各地でワインは作られています。最近、ワイン専門店や酒屋さんに行くと、新世界やニューワールドといった言葉を見聞きします。ワインの新世界とは何なのでしょうか?

ワインの生産国を大きく分けると、「新世界」と「旧世界」に分けられます。「旧世界」はヨーロッパや地中海沿岸などのワインの歴史がとても古い国々です。冒頭で取り上げたように、ワインのイメージが強い、フランス、イタリア、スペイン、ドイツなどがそれに当たります。

一方で「新世界」とはワインの歴史が比較的浅かったり、世界に最近認知されるようになったワインの産地のことです。アメリカのカルフォルニア、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、南アフリカなどのワインが新世界ワインの代表格です。日本の市場では旧世界のワインと同じくらいの種類が店頭に並び、人気の高さをうかがい知ることができます。

日本でもワインは生産されています。日本のワインの歴史も浅いので日本も新世界に入ります。新世界のワインに比べ、旧世界ワインは歴史が古く、昔ながらの製造方法や技術を受け継いで作られています。そのため、新世界ワインに比べて値段は少し高めです。

逆に新世界ワインは新しい技術を取り入れ、大きな農園でぶどうを大量に栽培し大量にワインを生産することで、比較的安価にワインを提供できます。日本での流通量も多いので、たくさんの種類から気軽に選んで購入することができます。

新世界ワインは旧世界ワインに比べ、歴史や伝統がまだ少ないので、個性的なワインは生まれにくく、良くも悪くも万人受けするワインが多いというのも特徴です。

ヨーロッパなどではワインの法律があり、指定地産の高級ワイン(クオリティワイン)に対して、大まかな産地名がついているだけの、日常消費用のワインはテーブルワインと呼ばれます。新世界のワインは価格が安くて、飲みやすいものが多いのでテーブルワインに最適です。

新世界の中でも、特にアメリカのカルフォルニア産や、チリ産のワインは日本人の口に合いやすく人気です。

コスパの良い美味しいワインに出会うには


テーブルワインに最適なワイン

価格が安く、おいしくて飽きないワインです。その条件を満たすワインとして、チリワインが注目を浴びています。

 

チリ産のワインはとても人気

日本では、チリ産のワインは安くておいしいというイメージが定着しつつあります。

 

テーブルワインとして最適

日常的に消費できる比較的安価でおいしいワインのことです。

 


テーブルワインに最適なワインとは、価格が安く、おいしくて飽きないワインです。その条件を満たすワインとして、チリワインが注目を浴びています。

新世界ワインの中でもチリ産のワインはとても人気でたくさんの種類が店頭に並び、いろんな種類の中から選ぶことができます。ちなみに2013年日本の輸入量では、チリワインがイタリアのワインを抜いて2位となりました。それだけチリワインが日本人に受け入れられていることがわかります。

産地を特定せず、なんの知識もないままコスパの良い美味しいワインに出会うのはなかなか難しいことです。ワイン初心者はまず、新世界のチリワインから手始めに飲んでみるといいかもしれません。

日本では、チリ産のワインは安くておいしいというイメージが定着しつつあります。

個性的なワインは少ないかもしれませんが、万人受けするバランスの良さがチリワインの特徴です。チリワインは、ぶどうの品種の特徴を活かしたワイン造りがさかんです。チリの代表的なぶどうの品種に、カペルネ・ソーヴィニヨンがあります。

チリのものは通称「チリ・カペ」と呼ばれ、世界中に愛されています。チリで作られている赤ワイン用のぶどうの品種のうち、約45%がこのチリ・カペです。

カペルネ・ソーヴィニヨンは味わい深いタンニンが感じられ、ふくよかな果実味もあります。はっきりとした輪郭の味わいで輪郭があるので、長期熟成型ワインにも向いています。

テーブルワインとして最適なのは、日常的に消費できる比較的安価でおいしいワインのことです。チリのワインは値段が安くておいしいものがたくさんあるので、コスパの良いワインを見つけやすいと思います。

最近雑誌などではコスパの良い美味しいワインについてのよく特集が組まれていたりします、そういった情報も参考にしながら最高のワインを探してみてください。

ワインに含まれる成分と期待できる健康効果


ワインにはぶどうに含まれている栄養成分がほとんどそのまま含まれています。多くのミネラル、ビタミン、ポリフェノールが含まれており、体の抗酸化作用や殺菌効果、抗がん作用などが期待できます。

通常のワインよりも高級ワインのほうがそれだけ栄養も豊富に含んでいます。長く熟成された高級ワインの中では分子の高分子化が進み、アミノ酸が多く発生しています。アミノ酸には糖尿病を予防する効果があります。

ワインの長期貯蔵によってポリフェノールも倍増します。がんは酸化酵素がDNAに触れて傷つけることが原因で起こります。ポリフェノールは酸化しやすい物質で、体内に入るとすぐに活性酸素と結合するので、動脈硬化やガンの原因となる悪玉活性酸素を消滅させてくれるのです。

ぶどうの種にはプロアントシアニジンが多く含まれています。この成分は赤ワインに多く含まれており、ビタミンCの50倍の抗酸化作用を持っていて、細胞の再生には欠かせない成分です。

ワインの中にはたくさんのミネラルが含まれており、その中にはマグネシウムやカリウムも含まれています。

マグネシウムは脳細胞の活性化に役立つので、ワインはアルツハイマー予防の効果が期待されています。マグネシウムとカルシウムが体内に多くあると、アルツハイマーの原因となりうるアルミニウムが体内に入りにくくなるのです。カリウムは体内のナトリウムと結合し、塩分を減少させ、高血圧を予防します。

ただし、たくさん飲んだからといって血圧がたくさん下がるというわけではありません。適量を飲む習慣が大切です。ウォーキングなどの軽い運動とともに程よい量のワインを飲む習慣があると、健康維持に効果的です。

ただし、いくらワインに含まれる成分が健康に良いからといっても、アルコールの摂取のしすぎは体に悪影響を与えます。ワインはたとえグラス一杯飲むだけだとしても十分健康効果が期待することができます。ポリフェノールを多く含む野菜と比較してワインは20倍以上のポリフェノールが含まれています。

ですから、大量に摂取する必要はありません。休肝日を設けながら適量を飲む習慣を続けると、体にとって益となるでしょう。高級なワインほど栄養化も高く、健康効果をより期待できます。

毎日健康的なワインを飲むためのワインの選び方


適度にワインを飲むと体にいいことがわかってきています。「疫学的にも長生きする人は赤ワインをよく飲んでいる」との報告もあります。

フランス人は肉やバターなどの動物性脂質を多く取っているのにも関わらず、動脈硬化や心臓病による死亡率が低いのは、毎日赤ワインを飲んでるからではないか、とある医師は唱えています。

ワインの体に良い成分として有名なのはポリフェノールです。ポリフェノールは第7の栄養素といわれるフィトケミカルのひとつで、抗酸化作用など、様々なアンチエイジング効果を期待することができます。最近ではそのポリフェノールの一種のレベラストロールが注目されています。

レベラストロールとは黒ぶどううの果皮に多く含まれている成分です。この成分が長寿遺伝子サーチュインを活性化させるということがわかってきました。レベラストロールは強力な抗酸化作用と抗炎症作用を持つ物質なので、動脈硬化予防、抗がん作用、糖や脂質の燃焼を促進したり、メタボリック改善、認知症・アルツハイマー予防、美肌効果などがあります。

このレベラストロールに注目してワインを選ぶとすれば、そのポリフェノールを多く含んでいるぶどうの品種を選ぶべきです。

レベラストロールが多く含まれているのは、カペルネ・ソーヴィニヨン、ネッピオーロ、タナなどの果皮が厚く、色の濃い品種です。カペルネ・ソーヴィニヨンは赤ワインとしてメジャーな品種で世界各地で栽培されています。

比較的入手しやすいワインのぶどう品種ですが、フランス産のものよりチリ産のほうがポリフェノール含有量や活性酸素除去能力が高いと言われています。

ですから、健康的なワインを選ぶとするならば、チリ・カペと呼ばれるチリ産のカペルネ・ソーヴィニヨンを使った赤ワインがおすすめです。

 

ワインにはぶどうに含まれている栄養成分がほとんどそのまま含まれています。多くのミネラル、ビタミン、ポリフェノールが含まれており、体の抗酸化作用や殺菌効果、抗がん作用などが期待できます。
要点を紹介するキャラクター

 

お酒を楽しめるワイン系資格ランキング

ワインについて詳しくなってくると、さらなるスキルアップやワインを扱うビジネスで活かすために、ワインに関する資格を取得したいと思うようになるかもしれません。

ビジネスでも趣味でも役立つワイン関連の資格は、インターネットで申し込める通信講座を受講することによって取得することができます。

おすすめの通信講座をランキング形式でご紹介しましょう。

画像名を入力

ワインコンシェルジュの特徴

ブドウの品種ごとに異なる特徴や、世界各国のワイン事情など、ワインに対する基本的な知識の習得が一定以上のレベルに達している方で、試験に合格した方が認定される資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ワインコンシェルジュの総評
  • ワインに関する一通りの知識が習得できます。
  • 酒類製造および販売業、流通業、各種飲食サービス業などの様々な分野で習得した知識を活かす事ができます。
  • 資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動も可能です。
公式サイトへ

画像名を入力

ソムリエインストラクターの特徴

ワインに関しての幅広い知識と、識別能力を持ち、奥深いワインを料理に合わせお客に提供するソムリエインストラクターとして充分なレベルに達していると認められた方が認定される資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ソムリエインストラクターの総評
  • ワインについて幅広い知識が習得できます。
  • 仕入れ、保管、管理などの技能や、お客の相談に対してアドバイスするのに十分な知識を習得できます。
  • 資格習得後は、ソムリエインストラクターとして講師活動を行うことも可能です。
公式サイトへ
第1位:ワインコンシェルジュ
まず第1位は「諒設計アーキテクトラーニング」で受講できる「ワインコンシェルジュ資格講座」です。

ワインを楽しむことを生活の中に取り入れ、生活をもっと充実させたい人に人気の講座です。自分なりに自由にワインを楽しむために、知っていると得になるワイン知識や、ぶどうの品種ごとに異なるワインの特徴、世界各国のワイン事情など、ワインに関する一通りの知識をこの講座で学ぶことができます。

この講座で日本安全食料料理協会(JSFCA)の主催する「ワインコンシェルジュ」資格と、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「ソムリエインストラクター」の2つの資格を取得することができます。

講座には通常講座とスペシャル講座があり、スペシャル講座を選択すれば、添削課題をクリアした後、卒業課題を提出することで試験免除となり、卒業と同時に2つの資格を取得することができます。すぐに資格を取得したい場合や確実に資格を取得したい場合はスペシャル講座がおすすめです。講座の期間は6ヶ月ですが、本人の努力次第では最短2ヶ月で2つの資格を取得することも可能です。

第2位:ソムリエインストラクター
お酒をより楽しむためのおすすめのワイン系講座ランキング第2位は、「通信教育・通信講座SARAスクールジャパン」が実施している「ソムリエ基本コース/プラチナコース」です。

ワインの歴史からぶどうの品種、世界のワインまで、ワインについて幅広く学習することができます。講座受講後は、レストランやワインショップ、酒屋などでも、自分の好みやシーンにあったワインをベストチョイスすることができるようになるでしょう。

このコースでも日本安全食料料理協会(JSFCA)の主催する「ワインコンシェルジュ」資格と、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「ソムリエインストラクター」の2つの資格を取得することが可能です。

SARAスクールジャパンで使用する教材はオリジナルで初心者でもわかりやすく作られているので安心です。プラチナコースを選択すれば、無試験で卒業と同時に資格を取得することができます。

一番おすすめなのは「ソムリエインストラクター資格」

一番おすすめなのはソムリエインストラクター資格
ワインに関する幅広い知識と識別能力
趣味でワインを楽しみたい人にも人気

一番おすすめなのはソムリエインストラクター資格です。先述したように日本インストラクター協会(JIA)が認定する資格です。ワインには様々な品種、原産地、製造方法などによって種類が無限に存在します。

そのような奥深いワインを料理に合わせ、ゲストに提供するのがソムリエインストラクターです。ワインに関する幅広い知識と識別能力が求められる資格です。ワインを提供するだけでなく、仕入れ、保管、管理なども行えなければなりません。

また、ゲストの要望に応じてアドバイスしたり、ワインをチョイスしたりする役割があるので、コミュニケーション能力も大事です。資格取得後は、個人や友人たちとワインを楽しむだけでな、同じ目的を持った人たちに、講師活動をすることができるようになります。

ソムリエインストラクター資格を取得するためには上記の通信講座を受講するほか、個人で認定試験を受けて70%以上の評価で合格すれば資格を得ることができます。

ソムリエインストラクター認定試験を受けるための受験資格は特にないので、誰でも受験の申し込みをすることができます。

ワインを扱う飲食業などビジネスに役立てたいと思う人はもちろん、趣味でワインを楽しみたい人にも人気です。受験料は消費税込みで10,000円です。受験申請はインターネットで申し込み、受験は自宅で行うことができます。

受験試験の概要は、ワインとその歴史に関すること、ぶどうの品種や栽培について、赤ワイン白ワインビンテージワインについて、ワインのサーブの仕方、保存方法、グラスの選び方、テイスティング、食前酒と食後酒について、ワインと料理のマリアージュについて、ワインのランク付けや法律、世界のワインについての問題が出題されます。

ソムリエインストラクター認定試験は毎年偶数月に合計6回行われています。つまり試験実施月は2月、4月、6月、8月、10月、12月です。奇数月に受験の申し込みが受け付けられ、それぞれの20日から25日の5日間が試験期間となります。送られてきた試験を試験期間中に自宅で問題を解答し、各月の末日の提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を郵送します。

その後、翌月の20日に合否通知が発送されます。年に6回もチャンスがあるので、もし落ちてしまったとしてもすぐに再挑戦することができます。また、自分のペースで試験を受けることができるのも助かります。

 

ワインソムリエ資格講座はこちら

 

まとめ

ワインの新世界とは、ワインの歴史が比較的浅い産地のことです。アメリカのカルフォルニアやチリがワイン新世界の代表格です。日本でも安くておいしいワインというイメージが浸透しつつあります。

ワインにはポリフェノールなどの健康に良い影響をもたらす成分が含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、動脈硬化予防、抗がん作用、糖や脂質の燃焼、メタボリック改善、認知症予防防、美肌効果などを期待することができます。いくら健康にいいからといって飲み過ぎは厳禁です。休肝日を設けながら、適量を楽しむようにしましょう。

ワインに関する知識を証明する資格として日本安全食料料理協会(JSFCA)の主催する「ワインコンシェルジュ」資格と、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「ソムリエインストラクター」があります。

インターネットから申し込める通信講座を受講することによって資格を取得できますし、直接自分で認定試験を受けて資格を取得することもできます。

資格取得後はワインを扱う飲食店で活かしたり、カルチャースクールなどで講師活動をすることができます。

更新履歴